症例集|育成更生医療指定・顎口腔機能診断施設・文京クリア矯正歯科・茗荷谷駅から徒歩3分

文京クリア矯正歯科・歯科 症例集

症例集

叢生【そうせい】 でこぼこ

    術前    
術前   術前   術前
術前    
       
  術後  
術後 術後   術後
    術後    

歯がでこぼこに並んでいる症例です。
顎の大きさに対して歯が大きい場合、今回のようにでこぼこに並んでしまいます。

上下ともに、真ん中から4番目の歯を抜歯して治療しています。

上顎前突[じょうがくぜんとつ]出っ歯 顔全体

術前 術後

出っ歯(上顎前突)の症例です。

歯を抜かず、矯正用インプラント(小さいネジのようなもの)を使い歯を動かしました。

口の中の変化は下記の画像になります。

上顎前突[じょうがくぜんとつ]出っ歯 口腔内

    術前    
術前   術前   術前
術前    
       
  術後  
術後 術後   術後
    術後    

画像は上の症例の女の子の口腔内です。
上顎前突は、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上あご(上顎骨)の歯全体が前に出ていたりする状態を言います。俗称で「出っ歯」と言われています。
前歯の角度異常や、上あごの過成長、下あごの成長不足、指しゃぶりなどの口腔習癖が主な原因と言われています。

上の歯が下がったことで、笑ったときに上の歯茎が見えにくくなり、自然な笑顔になりました。

上下顎前突 

    術前    
術前   術前   術前
術前    
       
  術後  
術後 術後   術後
    術後    

上下ともに歯が出ている症例です。

上下の真ん中から4番目の歯を抜歯し、上顎に矯正用インプラントを使用して治療しました。
上顎は舌側矯正でした。

上下の歯をさげたことにより、口元がすっきりしました。(横顔写真参照)

受け口

    術前    
術前   術前   術前
術前    
       
  術後  
術後 術後   術後
    術後    

下顎が前に出ているかみ合わせです。

骨格的に大きな問題がなく、かみ合わせだけの問題であれば、手術なしでの治療も可能です。
また、矯正治療後の仕上りの好みによっても治療方法が変わります。
通常、矯正治療単独(外科手術なし)で下顎前突の治療をする場合、骨格には変化がないため、下顎の先端(オトガイ)がよりシャープな印象になります。
矯正治療単独でも外科手術併用でもかみ合わせは改善しますが、治療方法・仕上りが異なるため当院では相談・診断時にその点についてもお伺いします。

今回は、下顎の左右で異なる場所の歯を抜くことで左右の下げる量を変えコントロールしました。
そのため初診時には上下の前歯の真ん中がずれていますが、終了時には前歯の位置も改善しました。

受け口(矯正用インプラント使用)

    術前    
術前   術前   術前
術前    
       
  術後  
術後 術後   術後
    術後    

下顎が前に出ているかみ合わせです。
今回は矯正用のインプラント(小さいネジのようなもの)を使用し、抜歯をせず(親知らずを除く)に治療しました。

受け口だった面影が感じられないほど、きれいなかみ合わせになりました。

受け口(顎変形症・骨格性下顎前突・外科手術併用の矯正治療)

    術前    
術前   術前   術前
術前    
       
  術後  
術後 術後   術後
    術後    

画像は大人の下顎前突です。
下の歯が上の歯より前に出ていて咬み合せが逆になっている状態をいい、受け口ともいわれています。

手術併用の矯正治療(外科矯正)
歯の移動だけでは治療が困難な方や骨格の問題で下顎の突出感が気になるような方には、手術を併用しての矯正治療を行います。

手術を併用する矯正治療には、医療保険の適応が可能なものもありますので、ご相談ください。
当医院はl厚生労働省の育成更生医療指定・顎口腔機能診断施設を取得しております。

こどもの叢生[そうせい]でこぼこの歯

    術前    
術前   術前   術前
術前    
       
  術後  
術後 術後   術後
    術後    

前歯のでこぼこが気になり、治療を開始しました。
取り外し式装置(夜間使用)で治療を行いました。

叢生は歯並びがでこぼこになったり重なり合ったりしている状態をいいます。
あごの大きさに比べて歯が大きいことが主な原因です。
歯と歯が重なり合って歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも高いと言われています。

こどもの受け口

    術前    
術前   術前   術前
術前    
       
  術後  
術後 術後   術後
    術後    

小児の受け口の症例です。
下顎が上顎よりも前にあります。

取り外し式の装置(夜間使用)で治療を行いました。
受け口改善後、永久歯交換後の写真です。

小児の受け口の場合、思春期ごろの成長期に身長の伸びとともに下顎も成長していくため、経過観察が必要です。
下顎の成長次第ではマルチブラケット装置による矯正治療に移行する必要があります。
その際、外科手術を併用した矯正治療(顎変形症・保険適応)になる可能性があります。

こどもの出っ歯

    術前    
術前   術前   術前
術前    
       
  術後  
術後 術後   術後
    術後    

上の歯が出ている症例です。
取り外し式の装置(夜間使用)で治療しました。